空間除菌システム

感染症から大切な人々を守る
空間除菌システム

Social Issues

現代社会の問題

経済の発展は、私たちの暮らしを豊かにしました。
同様に、新たな社会問題や環境問題などを増大させています。
新しい感染症、その源のカビ・細菌やウイルスなどの進化形もみられます。
予測不可能な感染症発生源や、
今までにない高い感染力のウイルスなどです。
新たな研究や、より的確な対処法及び正しい情報などが求められています。

Infection Spread

広がりを見せる感染症

なぜ、いろいろな感染症が頻繁に発生するようになったのでしょうか。
人や物流のグローバル化と流動性の高まりが原因と言われますが、
近年の地球温暖化や異常な気候変動が、
カビ・細菌やウイルスの発生を多くし感染症を生んでいると言われています。
頻繁に起こる自然災害や大きな人的災害による社会インフラを倒壊させることが、
感染症の発生防止を難しくし、
発生した感染症の流行・拡大の阻止を難しくしています。
感染症発生源の根絶や感染拡大の抑止の必要性が重要な喫緊の課題となっています。

For Protecting People

大切な人々を守るために

各種病気のもととなる細菌や近年増えている感染症の
原因となる各種ウイルスの遮断や除菌をすることが、
職場や家族の健康や安心へつながります。
まずはカビ・細菌やウイルスを抑制し
衛生的でクリーンな空間づくりが大切になります。

感染症を抑制するための

広い空間をすばやく
除菌するシステム

感染症を抑制する方法

空間除菌システムなら広い空間への
すばやいアプローチが可能

空間除菌システムとは

共に優れた除菌力と拡散力が組み合うことで、
安全で強力な効果をもたらす

人がいる場所、
人を守る除菌システム

  • 1_食品加工工場・飲食店

    夏場の食品加工工場の空調に潜むカビを抑制することで、空間へのカビ菌飛散を防止

  • 2_病院・介護施設・保育園

    医療に従事する人々、免疫力が低い人々に対し、患者や子供たちの感染の恐れや不安を取り除く

  • 3_学校

    勉強や運動を頑張る子供たちに対し、集団感染の予防空間環境の安全衛生づくりに効果的

  • 4_塾・オフィス

    受験勉強中の子供や病欠できないオフィスワーカーに対し、健康リスクを低減し、安心を提供

  • 5_一般家庭

    家庭で過ごす全ての人々に対し、帰宅時にウイルスを持ち込まない、安心で安全な家庭環境をつくる

空間除菌システム
【デヴィルス AC】

Devirus

空間除菌システム
「Devirus AC」の特徴

安心で安全に、広い空間を
すばやく除菌する除菌システム

広い空間に行き渡るミスト

  • ・最適な大きさを噴霧(平均粒径0.5〜2.0μm)し浮遊する
  • ・ブラウン運動による長時間浮遊(60分以上実証)で
  • ・ブラウン運動でミスト拡散スピードが早い(約4分で100㎡)
  • ・一般的な加湿器の約100倍のミスト量

空間に満足の噴霧量

  • ・最大1200mL / hのミスト量
  • ・最大100㎡の噴霧量(天高3.5mの場合)

細やかな設定が可能

  • ・噴霧時間、待機時間、スタート時刻が分単位で設定可能
  • ・曜日設定、その他細かな設定がタイマーやスマホで対応可能

安全で安心な除菌剤を使用

  • ・食品添加物殺菌料(食品衛生法認証)で安全性に優れいている
  • ・塩素系でありながら、無色無臭で錆びにくい
  • ・塩素系でありながら、有機物(汚れ)存在下でも除菌が可能
  • ・塩素系でありながら、反復継続しての除菌が可能

仕様

形式
DVAC-1200
サイズ
幅 250mm / 奥行 250mm / 高さ 875mm
電源
AC100V / 200W(噴霧動作時)
霧化量
1200〜1500mL / h(室温・湿度等により変動)
運転プログラム
分単位 / 曜日単位で自由に設定
遠隔操作
スマートコンセント使用時のみ可能(スマホアプリで対応)
機能水
亜塩素酸水製剤(クロラス除菌ウォーター)
機能水タンク容量
10L(希釈溶液充填最大量)

この製品はモールド、SUS304(ビス1本に至るまで)なので、サビに強い業務用の機器です。

亜塩素酸水
【クロラス除菌ウォーター】

Devirus

亜塩素酸水「クロラス
除菌ウォーター」の特徴

食品添加物として厚生労働省から
認められ、安心安全の除菌剤

仕様

濃度
8000ppm
容量
1kg / 5kg / 20kg
成分
亜塩素酸水 20.00% / リン酸二水素ナトリウム 1.00%
リン酸二水素カリウム 1.00% / イオン交換水 78.00%

CONTACT US

お問い合わせ

内容によりお問い合わせ先のメールアドレスが変わりますので
ご注意ください。
以下の内容に関してお気軽にお問い合わせください。
1. 製品に関してのお問い合わせ
2. 取材、メディアのお問い合わせ

製品に関してのお問い合わせ

info@dvac.co.jp

取材のお問合せ
mediaアットdvac.co.jp
(アットを@に変えてご連絡ください)